『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』観た。

ツイ・ハーク監督のディー判事物の2作目。と言っても、アンディ・ラウ主演の1作目は見てないんだけどさ。

けっこう面白い話だった。ただ、海の怪物は余計な気がする。あれ、いない方が面白くないかな。

映像の美しさ、迫力を売りにしているのはたしかなので、海の怪物はこの映画のキモですらあるのだろうが、それでもなあ、ワザとっぽいというか、「パイレーツ・オブ・カリビアン」風のアクションシーンはそんなに盛り上がれない。

キャラは武則天が効いている。

それにしても、アンジェラ・ベイビーはきれいだ。

2作目がこれなら、1作目はもっと面白いんだろう。期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください