セルパブ小説を読んでみよう 19 乙野二郎『ウィンター・ホワイト~広島護国神社前殺人事件~』

乙野二郎『ウィンター・ホワイト~広島護国神社前殺人事件~』現役の弁護士でもある作者が書いたリーガル・サスペンスです。

法廷ミステリというと頭に浮かぶのはぺリイ・メイスンなんですが、実のところ僕はあんなにあるシリーズのうち数冊しか読んでおりません。ガードナーが古すぎるとすればグリシャムですか。こっちも読んだのは『法律事務所』だけ。グリシャム以降の法廷ミステリとなるともうピンと来ません。日本だと「赤かぶ検事シリーズ」の和久俊三でしょうか。不勉強で申し訳ない。乱歩賞受賞作しか読んでいません。和久俊三も弁護士でしたから、やはり法曹関係者以外には手を出しにくいジャンルなのでしょう。となると『検察側の証人』をものした「素人」クリスティはすごいなと思います。そういえば処女作『スタイルズ荘の怪事件』も(以下ネタバレにつき自粛)。

というわけで、素人としては法廷ミステリというとどうしても、検事と弁護士の丁々発止のやりとりを予想してしまうのですが、本作の裁判は極めてリアルに淡々と進められていきます。

主人公「私」は弁護士で、殺人事件の被疑者である妻の弁護をしています。すでに一審は妻の有罪で決していて、今は控訴係争中です。妻は結婚して一週間もしないうちに逮捕されてしまいました。新婚ホヤホヤどころではありません。ほぼ結婚していないに等しいです。

殺人のあった現場は「開かれた密室」状態になっていて、第一発見者であった妻が犯人とされたのです。この密室トリックを解いていく本格系のミステリかな、圧倒的に不利な状況を主人公はどう逆転させるのかな、と読んでいきますが、主人公はどんどんどんどん追い込まれていきます。

まさかこれはアイリッシュの『夜は千の目を持つ』みたいな話じゃあるまいな、と不安になりかけたところで、主人公は思い切った行動に出ます。これはこれでホントびっくりな展開です。そして、ラストにはもうひとつビターなどんでん返しが待っています。

あとがきに書かれていましたが、とてもハードボイルドな作品となっております。ノワールじゃなくて、チャンドラー直系のハードボイルド好みの大人の方にはぜひ読んでいただきたいですね。https://www.amazon.co.jp/dp/B06XQJZ8KW

ハードボイルドといえば、僕もこれはハードボイルドのつもりで書きました。ついでにお読みください。全部 Kindle Unlimited で読めます。

 

セルパブ小説を読んでみよう 18 牛野小雪『聖者の行進』

セルパブ小説を読んでみよう 20 タダノ ケイ『ゲームトピア』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください